プロフィール

ミル★ヤタガラス

Author:ミル★ヤタガラス
I am #1 Arnold Schwarzenegger Fan & #1 Steve McQueen Fan in The World
元東京エムケイ・タクシーのNo.1ドライバーから業界初 L.A営業所に主任として勤務
世界初6月6日公開のディズニー映画『トゥモローランド』に隠されたニコラ・テスラのフリーエネルギー社会が到来する謎解きに成功
スティーブ・マックィーンとアーノルド・シュワルツネッガーの二人を究極に愛した私は1990年より世界を救う活動を開始。 愛と平和と英知の正しいのトゥモローランドの作り方を教える情報ブログ

幼少期 病弱な母親が目の前で何度も発作を起こしたり
治療の為 離れ離れで暮らして育つなどをした為、愛情に飢えた私は次第にマックィーンが好きになる

1984年9月 多感な思春期に好きだった女の子が不遇な事件に遇い、何もかも嫌になりマックィーンに憧れアメリカへ留学をする

しかし帰国後も事件を起こした人物への復讐心は止まらず、私の憎悪は肥大をしていった

その事件から5年間のストレスが原因か、21歳の時に突如 狭心症となった私に聴こえた
『  大丈夫 シュワルツネッガーとあなたが世界を救うから 』 という

不思議な声・・・・

復讐心を棄ててその声に従い行動するも1年後になんと拘置所へ3カ月間収監されてしまうことに・・・・

出所後もその声に従いシュワルツネッガーと一緒に世界を救う活動が出来るように行動を続け、数々の信じられないアーノルドとのエピソードを作る

また高倉 健さんと京都で会うことができた後、30歳になる前に上京


そして全ての過去を棄てるべく、戸籍から改名をし人生の再出発

改名後 トントン拍子で営業成績がアップ 6年連続で年末度トップの営業マンになる

2006年にアメリカでスティーブ マックィーンの未亡人であるバーバラ・ミンティさんやマーシャル・テリルさん、2007年にブルース・リーやチャック・ノリスの親友でありマックィーンの空手の指導者だったパット・ジョンソンさんらと出会い

来日された時は私がガイドとなって一緒に国内旅行をする事になり親交を深める

3・11後の私を心配して下さり、L.Aの営業所へ私が働けるようにバーバラさんとマーシャルさんが会社の社長へ推薦状を書いて下さり

1年後 業界初 主任扱いでL.A勤務をしましたが

グリーンカードの取得が出来ず、短期滞在で、ほどなく帰国

また健さんの映画に出演する、たけしさん、志村けんさん、岡村隆史さんの3人の大物芸人との不思議な交流も体験しました。

高校時代から今までに3度の不思議な予知体験をした事で、目に見えない世界を信じることが出来る私ですが

交際2年半を経てバーバラさん、マーシャルさん、パットさん夫妻がお祝いの準備をしている直前、2014年の年初に結婚詐欺に遇う。

気力でそれを乗り越えようとしている時にヤフーニュースで知った話題を元に検索していくと、なんと私の人生が狂い出した84年の事件の被害者3人の中の1人が、今度は加害者と同じ立場の人間となって、そのダンナが起こしたイジメが原因で、ある子供が自殺をする全国的になった大ニュースを知る。

しかもその妻は謝罪することもなくダンナの行為を擁護している事を知り、私の30年間はいったい何だったんだと奈落のそこへ突き落とされる・・・・・

その妻が、あの『 スクールウォーズ 』のモデルになった京都の伏見工業高校のラクビー部監督 山口良治の娘であり、また山口良治の隠蔽された真実も知る

仏様の手の平の中で30年間 厳しい修行をつんだかのように、もがき苦しんでいた時に

千原ジュニアさんが『 すべらない話 10周年 スペシャル 』にて私とのエピソードを話され、テレビの画面からエールをもらう

そして高倉 健さんが亡くなる一週間前に、何故かしら急に健さんのことが気になりネットで検索してみる

そこで目にした一枚の写真・・・・・ 

高倉 健さんが亡くなる1週間前に

私に届いた健さんからのメッセージ

2015年5月10日に東洋と西洋の孤高の男 二人が残していってくれた世界を救う岩戸開きへのメッセージを配信しました

本音で語るブロガー

ミル★ヤタガラスを宜しく

何故 私がその世界を救う奥の院のシナリオを知ることが出来たのかは2015年2月25日より連載しております、俺とシュワルツネッガーの30年『ターミネーター』物語 全23話を読んで下さい

間もなくニコラ・テスラのフリーエネルギー社会がやって来ます 全人類は、それに備えて準備をして下さい!!!

尚 煩悩くんフルスロットルのヤッズさん以外

ブログから記事中の文章等をそのまま無断転載するのは堅くお断りします。よろしくお願いします

カテゴリ

ターミネーター2 3D 8月11日(金・祝)全世界最速で日本公開へ




これまた 記事にした途端 全米公開より2週間も早く

日本が全世界最速で『 ターミネーター2 3D』が

8月11日に公開されるニュースが入って来ましたね。


他の国と比較しても、日本だけが飛びぬけています。




この事により7月30日の70歳の誕生日を

L.Aの自宅で迎えた後に、

T2 3Dのプロモーション活動で

世界ツアーをする可能性も出て来ました。

その場合 日本では8月に入って直ぐといった感じでしょう

特にキャメロン監督は91年公開時に中国では公開されていないので

今回の3D版は中国人が初めてT2を大きなスクリーンで観れる良い機会

だとコメントしているだけに、日本を含めたアジア・ツアーに来る可能性があります。

なんと言いましても、

アーノルドのフラストレーションは現在 相当なものだと思います。

番組の視聴率でトランプともめた一件に、新作の不発

キャリア最高の作品であるT2を武器に

大スターの存在をアピールしたい気持ちが高まっている事は

容易に想像出来ます。

私は当初 日本公開は9月頃かと予想していましたが

何故か日本が世界最速の公開となった事で、

来日の可能性が出てきましたので

ジョン・コナーは

Judgment Day(審判の日)に備えたいと思います。


038 (640x480)



当初は8月25日の公開前ぐらいで、メディアを意識して

ゴールドジムを含むアーノルドの外出が増える傾向があるので

それに向けて渡米を考えていましたが、今度はギリギリまで

来日の可能性を含めて準備をしてまいります。

ざっと計算しても、あと2ヶ月半

もう 奥の院のシナリオ3年目の事実の記事とか

どうでもいいです。

和製ヴィン・ディーゼルを目指して

トレーニングをし、

あっちもヴィンヴィン

しかしデリヘルも呼べない忙しさ

更には毎年楽しみにしていたタマキンナイトへ

到底行けそうにありません(爆)

ってか東京の街の灯りは

作られたニセモノだと文句を言いながら

LEDのテーマパークへ行ったら

本当に光の国に行ったようでしたって!?

全くデタラメ野郎に






スポンサーサイト

爆報★『スティーブ マックィーン アメリカン・アイコン』が9月28日劇場公開




何の前触れも情報もなく、いきなり2日前に

このニュースが飛び込んで来ました。

なんと9月28日 一夜限りではありますが

全米で『スティーブ マックィーン アメリカン・アイコン』という

タイトルの映画が劇場公開されます






予告編を観てもらったら、英語のわかならい方でも

途中でジーザス・クライストって聞こえた所で

今まで作られたマックィーンのドキュメンタリー映画とは

雰囲気が違うぞというのが感じとれたかと思いますが

予告編で登場している男性は

この6月13日に発売になる

『 Steve McQueen The Salvation of an American Icon 』

の著者 グレッグ・ローリー氏であります

共同著者は、マーシャル・テリルさんです。





Salvation とは救済とか救いとかの意味で

キリスト教なのでの救いとかで使われる

罪や罰からなどの救いのニュアンスが強い単語であります。


それもそのはず


グレッグ・ローリー氏はキリスト教の牧師さんなのです。


実はクーラーキングさんのマックィーン・サイトに

去年の夏にYoutube にアップされていた

マックィーン関連の動画情報を伝えるか、どうしようかと

悩んだものがありました。






それは、このグレッグ・ローリー牧師が

ベースボール・スタジアムにて多くのキリスト教信者の前で

スティーブ・マックィーンの名前を使い

ドラッグ、お酒、女、車、バイクといった

男として、欲しいモノを何でも手に入れて

反逆児であったマックィーンも

心の平安を望み、ハリウッドを離れた後

サンタ・ポーラ空港で出会ったパイロットの

サミー・メイソンにより、地元の教会へ通いだす事になり

今までは自分のみしか信じてこなかったマックィーンが

晩年はキリストの信者となって死の病魔と闘い天国へ行った

エピソードを演説し、多くの信者から拍手をもらっているもので

布教活動の1つとしてマックィーンの名が使われていたので

紹介するのをしなかったのですが、まさかそのグレッグ・ローリー牧師が

このタイミングで、こんなドキュメンタリー映画を作り上げ

しかも 劇場公開までするとは・・・・・


予告編にはバーバラさんの姿も見えますし

俳優のメル・ギブソンも登場していますね。

一度はユダヤ人差別発言で完全にハリウッドから

干されていたメルですが、最近 また精力的に活動し出しておりますし

彼が作った『パッション』というキリストを描いた映画が昔 大問題になった事を

知っている方もいらっしゃるでしょう。

そして、以前 メルもローリー牧師との対談を

スタジアムで行っていた事がある深い関係であるのです。






つまり いよいよ私が世界へ向けてマックィーン・コードを

発信しようとしている直前になって

宗教界の連中が

いやいや スティーブ マックィーンは

イエスの信者であって、我々側の代表的スターだったのですよ

的な大宣伝をスタートしようとしているのです。

まぁ 今回の映画をプラスに考えれば

マックィーンへの注目が、さらに高まるので

いいお膳立てが出来たと解釈も出来るし

反対に

マックィーン・コードの前に別のイメージがつくじゃねえかよ

って捉える事も出来ますね。

面白いのは、ユダヤ人のマーシャル・テリルさんが

キリスト教の牧師である彼と一緒に本を出し

この映画でも予告編の最初のナレーションの声も

テリルさんが担当している事です。

勿論 伝記作家である彼は色々な人物にインタビューをして

そこで語られた真実を本にまとめて伝える職業であるので

そこで宗教的な対立や壁をつくると

相手側の方から話を聞き出せなくなるので

今回もプロフェッショナルに徹して仕事をしたのだと

私は思っております。

マックィーンの息子であるチャドがスティーブ・マックィーン

ブランドを管理しており、『 The Man and Le Mans 』など

その他 多くのマックィーンのドキュメンタリー作品に

携わっているので、マックィーンのイメージを大切にする

作り方がされていると見える部分は、この私は感じます。








特に最初の妻のニールさんとバーバラさんの仲は良くないので

バーバラさんのインタビュー部分の多くはカットされたり

チャドにも絶対タブーがあったりしますのでね・・・



そして今回の作品は予告編では

全くマックィーンの映画出演シーンがない事からも

チャド側と離れた所で製作された

マックィーンのドキュメンタリーである事がわかります



特に予告編で使われているマックィーンの多くの写真は

バーバラさんが撮った写真ですので彼女に権利があります。



2010年11月1日にNHKで放送された

『スティーブ マックィーン ラスト・イヤーズ』では

亡くなる前の3年半にスポットを当てた

ドキュメンタリーが製作され、その時に

既に教会へ通いだしていたエピソードを

取り上げていましたが、日本限定での放送でしたので

今回の作品とは規模もケタ違いですし

何か蚊帳の外にいるバーバラさん側に溜まっていた

モノも一気に出されているような気がしますね。



『 I am Steve McQueen 』 の出演時にも

未だにセラピーを受けていると発言しているように

彼女の情緒面には不安要素があるのは事実なようですし。

特にNHKのドキュメンタリーでは

紹介されていなかったバーバラさんのキリスト教への考えが

この作品でわかりそうですので

その辺は楽しみでもありますね。



まぁ 私の意見は、

神への信仰心や祈りも、


メキシコにて非合法の治療を受けてまで

生への執念を見せていたマックィーンの

選択の中の1つとして受け入れていた

ものだと思っていますし、誰でもいきなり

不治の病に侵されれば、頼れる心の支えは

必要になるものでしょう・・・

しかし私のやる事は、

ひとつの宗教の壁など越えるものですので

先に宗教界に利用されようが

より、この作品によってドラマチックな展開になりそうです。


一方 アーノルドですが4月7日に公開された



『 Aftermath 』ですが

遂に初登場30位内にも登場せず

圏外の興行成績で終わりました


同じ失敗作の『マギー』では

苦悩し涙する姿が新鮮だった為に

ある一定の評価がありましたが

今回はそれも通用しない結果となって惨敗です




唯一の望みは8月25日に公開が決まった

3D版『ターミネーター2』

4K デジタル・トランスファー化され

画質の向上と3D化されたT2はどのように

再評価されるのでしょうか?・・・




そして米国では先週末から公開し

日本では6月17日から公開される

『キング・アーサー』で主演を務めた

チャーリー・ハナムですが



いよいよ次回作『パピヨン』の撮影に入るそうです。

公開は2018年度の予定


マックィーンの映画の中で

最も演技の評価が高い名作を、

わざわざリメイクしても勝算が

あるわけがなにのですが

その『パピヨン』の次に噂されている事が

重要なのです

それがこれ










彼はボンド役に適したイギリス人であり

身長も185センチと十分

そしてスーツも似合う

『パシフィック・リム』での主役から

1億7500万ドルの制作費の

『キング・アーサー』で主役

無謀なリメイクの『パピヨン』でも主役

何か実力以上のモノが

彼のバックについているかのように感じますね。

『キング・アーサー』は既に大コケしていますし

『パシフィック・リム』も米国ではヒットせず

2の製作も直ぐには決まらず難航していたほどですし

彼は次回作には出演しません。

これで次期ジュームス・ボンド役に決まれば

『パピヨン』を演じさせた意味も納得出来ます。

ダニエル・クレイグが続投なのか・・

それともチャーリー・ハナムに決まるのか・・

こちらも楽しみな展開となってきました。

速報!!マックィーンのポルシェ910が100万ユーロで電気自動車に大改造!! マックィーン&アーノルドのクロスサイン




遂に大本命のサインが世界へ発信されました。

映画『栄光のル・マン』で使用された

ポルシェ910が100万ユーロ(1億2000万円)をかけて

電気自動車へ大改造されたのです!!!!






私が今夏公開の『カーズ3』の予告編を観て

大破したライトニング・マックィーンが

電気自動車へ改造されてレース場にカンバックするのではないか・・・





と予想を立てましたが、

それが新しい予告編では外れそうな展開となって・・・・

しかし そこに


まさか、まさかの ガチリアルなニュースが飛び込んで来ました!!

An iconic Porsche from Steve McQueen’s 1971 film “Le Mans” is now an electric supercar

Iconic Steve McQueen Porsche 910 Transforms Into Electric Car With Tesla-like Speed

Steve McQueen's New Electric Porsche Is as Fast as a Tesla





もちろん『栄光のル・マン』と言えば










ポルシェ917KやフォードGT40ですが

映画で使用された917Kは

1度 オークション出品を直前でキャンセルされ

フォードGT40は米車史上最高の1100万ドルで

落札された博物館入りの名車であるので

今回の電気自動車への大改造プロジェクトでは

扱えないビンテージカーであります。

しかし ポルシェ910でも生産台数が35台の希少車で

電気自動車に改造された910は

最高速度300キロ

0-100が2.5秒

1回の充電で350キロ走行可能

しかも公道仕様です

そして今回 100万ユーロの大金を注ぎ込み

わざわざ ポルシェ910を

電気自動車 EVEX910e へと改造させたのは

オーストリアの電気自動車会社

Kriesel 社です






そして電気自動車に改造する

Kriesel 社を有名にした人物がいます


それが








アーノルドである。


そのニュースは今年の1月下旬に出たばかり


アーノルドが地球環境を救うオピニオン・リーダーとして

大金をかけてまでベンツのGワゴンを電気自動車に改造させた意味はわかります

しかし その直ぐ後に

今度はマックィーンのポルシェ910が電気自動車へ改造された事こそ

偶然ではない

目に見えない世界からの力であり

そろそろ世界の流れが私の方向に向かつつあり

今回のニュースは

俺とアーノルドが手を組むサインだと強く感じました。


MV5BOTdkMTMyN2ItYThiYS00ODg2LWJjZGItMDUwMWM0OWIzY2E2XkEyXkFqcGdeQXVyNTM1MDgwNTg@__V1_UY268_CR2,0,182,268_AL_



そして気になる映画 『電流戦争』ですが

全米公開が12月22日に決定しました。

これは来年度のアカデミー賞を意識した

公開日にしたようで、早くもカンバーバッチが

オスカーを受賞するだろうと言われているほど

出来に自信があるようです。

ベネディクト・カンバーバッチ、来年こそオスカー受賞なるか?

日本公開はゴールデン・グローブ賞のノミネート数など

前評判を意識したアカデミー賞授賞式前後になりそうですので

2017年の年末から18年の春にかけて

エジソン VS テスラ の物語は

世界中の多くの人々に伝わっていく事になりそうです。

しかし 日本では今回の東芝の原発問題で

クローズアップされたウェスティングハウスが

エジソンと対決するので、日本人には

違う感情が混ざり、違った受け入れのされ方がされるかも知れません

私もこの全体的な流れを受けて、今年の11月に行われる

個タクの試験をスルーしました。

個タクの免許は譲渡されるのに優先順位があり

5年無事故、無違反で試験に受ける方が優先されます。

私の場合は3年なので、仮に地理試験と法規の

両方に合格しても、最悪 更に1年 譲渡を待たなければ

いけなくなる事もあります。

この場合 その待機期間でも違反キップを切られれば

アウトで、ゼロからやり直しになります。

流れが出来つつある重要な局面に、

仕事の方で緊張した期間が

ずっと続くことはマイナスであると思っていますし

特にアーノルドは今年の7月に70歳になる事を

考えても、5年後からタッグを組めて活動出来るって

青写真は手遅れだと思います。

その辺を意識してアーノルドとの再会を目指して行きます




名優 ビル・パクストンの死でシンクロ大爆発 アーノルド 対 トランプ大統領 の勝負はいかに!?




さて3月は12月の次に年度末決算なので

タクシー業界はそれなりに忙しいのですが

昨日 20日にデービット・ロックフェラーが心不全で死んだようですね




D・ロックフェラー氏死去、101歳 米石油王最後の孫


陰謀論サイトでは既に1年前から死んでいると情報発信していたサイトもありましたが

101歳で、ようやく The END

でも まぁ 爺さん一人が死んでも世の中は簡単には変わらないですけど・・・

亡くなったと言えば『 ラ・ラ・ランド 』を観に行った先月26日

アメリカでは25日でしたが、

その日に私が好きなビル・パクストンが亡くなったのです。


『タイタニック』故ビル・パクストン、正式な死因が明らかに










『ターミネーター』『コマンドー』『エイリアン2』

そして俺にとって一番 思い入れのある

『トゥルーライズ』の脇役から、



俺とシュワルツネッガーの30年 『 ターミネーター 』物語 第11話 『 本当のトゥルー・ライズ 』史上最強の嘘つき野郎

俺とシュワルツネッガーの30年 『 ターミネーター 』物語 チャイニーズ・シアター手形セレモニー特別編

俺とシュワルツネッガーの30年 『 ターミネーター 』物語 第12話 『 神に選ばれし者 I’ll be back 』



俺が留学したオクラホマを舞台にした『ツイスター』で

遂に主役に抜擢され世界的大ヒットをし

第一線級の俳優になれたビル・パクストンは

大好きな俳優の一人であった・・・






前回の記事で説明していました通り、『 ラ・ラ・ランド 』は

アカデミー賞で『タイタニック』と同じ14部門でノミネートされていた作品で

その『タイタニック』で準主役だったのが





ビル・パクストンです。

『 ラ・ラ・ランド 』で


主役のライアンとエマが二人の愛が生まれた場所が






グリフィス天文台でしたが


そのグリフィス天文台で『ラ・ラ・ランド 』で登場する

テスラ・コイルと同じくプラズマに包まれ未来からやって来た







ターミネーターに殺害されたパンク野郎が





ビル・パクストンです。

俺が個人的に一番重要なシーンに上げた場所と

映画を観た時間帯で、生と死が交差をしてしまったのである

その知られを聞いたアーノルドは


休暇中のアイダホ州サンバレーから追悼のメッセージを・・・






そのサンバレーのケッチャムに住んでいるのがバーバラさん







そのバーバラさんの元カレである


ウォーレン・ベイティが





前代未聞の作品賞を間違えてしまうハプニングを・・・


間違えられた『 ラ・ラ・ランド 』のライアン・ゴズリングの演技を観た


マックィーンの最初のワイフであるニールさんが書いた自叙伝を元に

51F-5Xta4aL__SX331_BO1,204,203,200_


是非 ライアンにスティーブを演じてもらいたいと

昨日 20日のニュース記事にて伝えて来ました。



There are plans to turn Adams’s 1986 memoir, My Husband, My Friend, into a movie. “I’d love to see Ryan Gosling playing Steve. He definitely has his screen presence and I loved him in La La Land. He’d have to take his shirt off, too, though.”


Steve McQueen ‘ran into a chickie’ and skipped the 1969 dinner where Sharon Tate was murdered


そして 『 ラ・ラ・ランド 』で見事

主演女優賞を獲得した





エマ・ストーンが13日に発表した新作映画での相手が


なんと、






『電流戦争 』の撮影が終わったばかりでテスラ役を演じた

ニコラス・ホルトなのです


ニコラス・ホルト、オスカー女優エマ・ストーンと共演!「ロブスター」監督の新作で


この映画には





レイチェル・ワイズも出演するとの報道がされていますが


彼女の夫は







ダニエル・クレイグ



しかし 先月には

二人の破局寸前などのニュースが・・・


ダニエル・クレイグとレイチェル・ワイズが破局寸前?


レイチェルは今年47歳になり

ダニエルは早く二人の子供を欲しがっているのですが

女優業を優先したいレイチェルとのすれ違いが起こっているとの事・・・


そしてダニエル・クレイグも『 スペクター 』で

ジュームス・ボンドを引退すると決めていた気持ちが揺らぎだして来ているようで

そんな中 まだ 新作で誰がボンド演じるかが決まっていないにも関わらず

既にロケ地はクロアチアで撮影される事になりそうとニュースが届きました。


『007』新作、クロアチアで撮影へ



そうです、クロアチアはテスラの生まれ故郷なのです

ダニエル=マックィーンがテスラの生まれ故郷で暴れる姿を観てみたいものです


ここまでで






ブロク記事で発信して来た内容とが

シンクロの大爆発しまくりなのです


それだけではありません

マックィーンに関するニュースも勢いが止まりません。



クーラーキングさんのマックィーン・サイトへ

マックィーンが参戦したメキシコのバハ 1000レースの




ドキュメンタリー映画の制作ニュースを最初に伝えたのは

2015年の7月頃

そして2016年の1月に予告編となる7分30秒の動画を

アップしましたが、資金難の為 制作が苦しいようでしたが

今年の1月には15分動画がアップされリック・ペン・クラウスさんが

インタビュアーとなっている動画もあり、完成へ向かっている様子が

伝わっていましたが、同じ バハ 1000に参戦した時のレアな写真をメインに

集めたギャラリーサイトが今月になって発見

これは長く日本人のファンには知られていなかった貴重な写真ばかり




スティーブ・マックィーン・ギャラリー



更に 同じくメキシコのバハにて今月になり

カーチェイス映画の元祖となった


『 ブリット 』 で使用されていた 


マスタングが約50年ぶりにスクラップ場で発見され

それをレストアされ

お披露目されたニュースが世界中に駆け巡ったのです





世界中のカー・コレクターが探していただけでなく


マックィーン本人も77年に自分のコレクションに加えたく

映画で使用したマスタングを手に入れたい事を手紙に書いていましたが


行方不明のままとなっていた幻であり伝説のマスタングなのです



無題


マックィーンの霊魂はメキシコから蘇るメッセージは

何度も過去に記事にしていましたが

今回のニュースは、正にそれに相当するものでした。

また3月18日にヘリテイジ・オークションにて

マックィーンが使っていた専用の脚本

全18作品が、同時に初出品されファンを驚かせました。





これはマックィーンの知り合いへ

当時 5万ポンドで譲り渡されたプライベート・コレクションだった為

一度も世に出回った事が無かったものでした。


一方 映画が完成している

『 Finding Steve McQueen 』は




今年の2月に行われたベルリン国際映画祭へ持ち込まれ

バイヤー達との交渉で2018年に公開される事になったようです。

この辺りの動きに何か意図した細工があるのでは・・・と感じます

小規模映画ではありますが、出資した作品を1年以上

寝かしておいてもお金は生まれません。

作品の内容が

2018年に公開した方が良いと誰かが判断を下しているのでは・・・

と思うのは考えすぎかも知れませんが

多くの人が、

このニクソン大統領の隠れマネーに関する事件を知らないので

要注意作品であるのは変わりませんね。


そして 『 ジョン・ウィック 2 』ですが

評価も興行成績も素晴らしいです。






それもそのはず

この



予想外の展開(笑)

R指定にも関わらず全米公開6週目でもトップ10入りをキープし

既に制作費の4倍を稼いでいおり

早くも 『 ジョン・ウィック 3 』 の制作へ動き出しているようです。

日本公開は2017年7月7日です


プレミア会場には








マトリックス以外のイベントでは初となる









3人が揃ったのです。

これはひょっとすると

キャリー=アン・モスが『 ジョン・ウィック3 』に出演するかも・・


今回の続編も監督のチャド・スタエルスキーは

インタビューにて



>CS: So how do we build and create? We wanted to create this action movie where “John Wick is the most badass guy in the world!” So you can write a scene of people talking about how badass John Wick is and then we could show you a bunch of fast editing and we can hope that you assume that he’s badass or we just do the Steve McQueen vibe and just show you Steve McQueen driving a motorcycle and we want that. We want you, the audience…

Artist Interview – John Wick: Chapter 2’s Chad Stahelski and J.J. Perry

ジョン・ウィックをマックィーンに似せる為の演出している事を語っていますね


またアヤワスカの記事にて


ミシェル・ロドリゲスが体験した記事を掲載しましたが

その途端





ミシェル・ロドリゲス、スティーヴ・マックィーンの強盗映画に出演


同姓同名の黒人監督スティーヴ・マックィーンの作品へ出演する

ニュースが出て来ました。

彼女の名前を取り上げたのも、ここではあれが初めてですし

目に見えない世界からの繋がりを感じます


一方 期待をしていた『 カーズ 3 』ですが

第3弾目の新しい予告編を観ましたが




マックィーンは電気自動車へ変身しそうにはなく

雰囲気は『ロッキー4』の様な展開になりそうです。

ハイテク車 VS 泥臭い訓練で返り咲くマックィーンのような感じになりそう・・・

しかし予告編では現れない親友のメーター達に

物語の隠し材料がありそうな予感はしますので公開を待ちましょう

さてさて 

ハリウッド・スター達のトランプへ大統領への

抗議姿勢は収まる様相がありませんが


激突!ハリウッドVSトランプ 舌戦50日間を総括


その中でも1番 バトルが激しくなっているのが

アーノルドとトランプとの戦いです



この戦いが勃発する以前からアーノルドが

トランプが司会を務めていた番組『セレブリティ・アプレンティス』の

後継者になる事に対して懸念をしていましたが

ドナルド・トランプとミル★ヤタガラスの驚きの共通点 アナ雪からズートピアの世界へチェンジ!!


大統領選挙中から、両者の対立が起こりだし

共和党員でありながらトランプを支持しなかった

アーノルドとのネット上での争いに対し

民主党員を含む反トランプ支持者からアーノルドを

応援する人達も増えだしております。

そのせいで現在はツイッターのフォロワー数も半年前より

70万人ほど増えていますね。


アーノルドは大統領になった今もトランプが

番組のエグゼクティブプロデューサーとして

関与している事で

「視聴者もスポンサーも離れている」との見解を示し、

「今は分断を生じさせる時代で、この番組もそうした分断に巻き込まれた」と述べ

番組の降板を決めましたが、

トランプ氏も

「シュワルツェネッガーはカリフォルニア州知事として最低の仕事ぶりだったが、『アプレンティス』での仕事はもっとひどかった。彼は少なくとも、一生懸命やったようだが!」

「映画スターもこれまでだな」「大失敗だ」など


と全く批判を止める様子はありません。

そんな中 今月中旬にはアーノルドが

無所属候補として2018年に米上院選挙に

立候補するのではないかと噂が出ましたが


シュワルツェネッガーVSトランプ:シュワさん、再び政治の舞台へ

シュワルツェネッガー氏は「ワシントンの政治に正気を取り戻す」ため、政界の「外側」から取り組んでいくとフェイスブックに投稿し、上院選は視野にないと表明。出馬を促す声があることを「光栄に思う」とした。



シュワルツェネッガー氏、政界復帰否定 2018年上院選に出馬せず

番組の視聴率が実際にどれくらい影響したかは

わかりませんが、私が何度も指摘している様に

映画でのアーノルドの興行成績は下げ止まっていません。

4月7日に全米公開予定の新作『 Aftermath 』は

制作費がたったの1050万ドル(約11億円)です。

内容も2002年にボーデン湖上空で起きた

航空機事故とその後の復讐事件をもとにした実話

この事故で妻と二人の子供を失ったアーノルドは

事故から一年半後、間違った指示を出した

管制官ピーター・ニールソン氏を見つけ出し、

彼の自宅を訪ね射殺する復讐劇・・・・

『マギー』同様 興行面での成功しなさそうな匂いが漂っています。



更には続編が未定だった『ターミネーター』は

遂に正式に製作が中止と発表されてしまいました。

シュワちゃんに悲報?『ターミネーター』新作不評で製作話が消滅

アーノルドは夏に公開される『ワンダーウーマン』に

サプライズで出演していると噂されていますが

その他は『ターミネーター2』の3D版が秋に公開される予定


映画であろうがテレビ番組であろうが

かつてのように単独で大ヒットをするのが

難しくなっているのはトランプの影響に関わらず

数字として結果が出ています。

そしてトランプの方もご祝儀相場に陰りが出始め

支持率も37%に急降下

それをふまえ今度はアーノルドが反撃




「ドナルド、支持率が判明したけれど君も捨てられたってことだな。ワオ、30%台だって?でも当然だな。君は子供達が放課後に取り組むプログラム、それに貧しい人達のための食事宅配サービスを取り上げたりするのだから。」
「そんなことが、君の言う『アメリカを再び偉大にする』という行為であるわけがない。」


トランプ大統領による予算計画を知ったシュワは、低い支持率に「当たり前」と思っているもよう。また大統領の政策や考えに苛立つシュワは、こうも皮肉を続けている。

「一体、誰が君にアドバイスしているんだ?この俺に、アドバイスさせてくれ。まずはワシントンの中学校に行ってみるといい。ホワイトハウスから6マイルの場所にある、俺が連れて行ってやろう。そこに行けば、現場でどれほど子供達のためになる素晴らしいことをしているか視察できるぜ。そうしようじゃないか?」

さらにシュワは、低所得家庭の子供達を助けるべく活動する非営利組織のURLも添付。トランプ大統領は無知で現場の状況すら理解していないと暗に示唆した。

シュワ、トランプ大統領に逆襲 「支持率30%台だって? 当然だな」




ではトランプ大統領の言動は無茶苦茶なのか!?

私が調べてみたところ、今から6年前の2011年の1月の

時点で、今とさほど変わらない発言をしているインタビューがあった。




これは前回の大統領選に出馬するかも知れなかった段階で

彼が警戒している国は石油価格を操作している中東と中国、インド

メキシコ、ブラジルの国名を挙げている。

中でも中国については今後12年間の内に

米国が何もしなければ2度と偉大な国へは戻れないと言及しているので

2023年が、そのデッドラインという事だ。

この時のインタビューでは日本への言及は無かった。

残念ながらゴールドなどについて語っている

インタビューのパート2動画が無いのだが

パート2を含めるとトランプが言っている要点の11個が

以下のモノであります

Even Donald Trump Is Warning That An Economic Collapse Is Coming


#1 “If oil prices are allowed to inflate and keep inflating, if the dollar keeps going down in value, I think there’s a very distinct possibility that things could get worse.”


#2 “….you’re going to pay $25 for a loaf of bread pretty soon. Look at what’s happening with our food prices. They’re going through the roof. We could end up being another Egypt. You could have riots in our streets also.”

#3 “I think gold will go up as long as people don’t have confidence in our president and our country. And they don’t have confidence in our president.”

#4 “The banks have really let us down. Number one, they did some bad things and caused some bad problems. Number two, if you have something that you want to buy, like a house, they’re generally not there for you.”

#5 “I see $3.50 for a gallon of gas for cars, and cars are lined up trying to get it and it’s $3.50. It’s a shame, a ridiculous shame.”

#6 “I think the biggest threat is that our jobs are being stolen by other countries. We’re not going to have any jobs here pretty soon.”

#7 “We’re like a whipping post for other countries. We are standing there and just being beaten by South Korea, by Mexico, by China, by India.”

#8 “All of our jobs are going to China. We’re rebuilding China and other places.”

#9 “We are a laughingstock throughout the world.”

#10 “The federal government has no money.”

#11 “I hate what is happening to this country.”

中国の事を一番 警戒している発言が目立つ点と

ゴールド(金)価格がこれからもっと上昇していく予想

愛国心から来る感情だろうが

何もしなければアメリカは世界の笑われ者になってしまう懸念

そして連邦政府は金が無い事

この4つは6年経って大統領になった現在でも

彼の頭の中で、ほとんど変わっていないのではないかと思いますね。

トランプの支持者は、労働者階級、WASP,ネット世代

そのネット世代の中でもアレックス・ジョーンズは熱狂的なトランプ支持者で

彼の番組には何度も出演しているトランプは、金玉狂信者と変わらない

おバカ米国人からの絶大な人気があるのだ。



反NWOを掲げ、911はインサイドジョブと訴え

悪の根源は連邦準備制度と「六つの巨大銀行 (Six Mega-Banks)」(ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ、ウェルズ・ファーゴ、モルガン・スタンレー、シティグループ)であるとして、「Occupy The Fed (連銀を占拠せよ)」運動を立ち上げ、ダラス連邦準備銀行前で抗議デモを行い、私有銀行による独占的な通貨発行権の廃止を訴えてきましたが

しかし親族にユダヤ人がおり、

ゴールドマン・サックスの人間を側近に置いている

トランプ政権を無視し、ユダヤ人への言及は避けているのがアレックス。

同じ様にアレックス・ジョーンズの番組視聴者の多くは

既存の大手メディア情報には耳を傾けず、ネット漬けの

クルクルパー国民は矛盾するアレックスとトランプを支持するのであるから

プロレスのような分かりやすい、力強く吠える人物に魅了されるのであろう。







昔から アレックス・ジョーンズと仲が良かった

ロン・ポールは、今も頻繁にアレックス・ジョーンズの番組に

出演しては、トランプは金融崩壊を防ごうとしていると発言していますが

ロン・ポールは金・銀の上昇と連邦政府をぶっ潰せと

言い続けて来た政治家でありますが

過去のトランプのインタビュー動画での金の上昇と

連邦政府は金がない意見は、少し似ていると思いますね。

つまり両者とも連邦政府を信用していない点では・・・






アレックスもロン・ポールも連中の犬ですが

トランプが真面目にアメリカ経済を立て直す気なのか

それとも中国を筆頭にリーダー国アメリカに対して

脅威となる国に打ち勝つ秘策として

新たなシステムやルールを作り

金融政策や貿易などに取り込むのか

又は中国と共存する道を選ぶのか・・・



中国を為替操作国のグランドチャンピオンだと発言している

トランプ大統領ですから、共存する道を選ぶとは思えないし

金髪・白人、エリート中のエリートで育ったトランプの血、DNAには

中国人と肩を並べる、追い越され支配されるなんてのは

絶対に許せないもの。

しかしどれだけハイテク産業で中国をリードしてようが

世界の工場の中国の追い上げるスピードは凄い

しかもバブルが崩壊しないように巧みに為替操作としている

中国を倒すには中央銀行発行のデジタル通貨を

取り入れるのは確実だろう。

中国は中国国内でのビットコインの取引所を

期限なしに利用停止にしただけでなく

自国でビットコインを作ると言い出しましたが

ビットコインは、所謂 実験的な仮想通貨であり

市場と大衆の反応やデータを集め、

それに関連する技術革新を推し進める役目がある。

ビットコインは上がるので買え~ ヒャッハ~~という

人間なんぞの単細胞は仕掛けた方からすれば

「 やはり 出てきましたね。 こういう金の亡者 」と

監視されている事でしょう。

ブロックチェーンの技術は多くの産業で導入されようが

それは私が前から言っていた全人類によって

お互いを監視していく愛と平和のNWO社会作りのシステムの技術。

民間からスタートしても、やがては国家の取り込まれ

人、モノ、お金の動きは監視されるのであります。

その証に仮想通貨の発行者が登録制になるだけでなく

利用者も登録制となり、破産危機に陥った人が

自分の資産を仮想通貨に換えて財産を防御する法的な

穴があるので、それらを今後 政府が法的な整備を

行うので、今のような不正送金などアングラな取引に

仮想通貨が利用出来なくする取り組みが近いうちにされていくのです。

つまりはデジタル通貨社会は完全なるマネーの全世界監視体制を

作るツールでしかありません。

中国政府が他の国家や企業、人々と不正なく

デジタル通貨を利用出来る環境を作れるのか!?

今現在も人民元の持ち出しに制限がある中国は

それがある意味 バブル崩壊を防いでいる要因でも

ありますが、その時代遅れの金融システムが、

これからは最大の弱点にも生り得るわけです。

資産100万ドル以上の富裕層の数がアメリカの

次に多いのが中国。

かと言って、6年越しに大統領になれたトランプですが

実際になってみたら、連邦政府はやっぱりお金が無い

危機的状況だったという事もあり得ます。

これはトランプが就任した直後から

どうのこうのと慌てて何かをしても

救われないものであれば、彼は担ぎ出された

裸の王様となってしまいます。



仕掛けた方からすれば、トランプ以上に

歴史的なヒール役はいないので

正に彼は適役だったという事になります。

となれば、アメリカは一度 大きくリセットされ

その後の新時代に相応しい人物が

既にどこかにいるという事でもあります。

政界に近く、トランプと敵対している野心家の人物・・・・

まぁ その人物に俺は奥の院のシナリオを

渡す為に、せっせと毎晩 働いているのですがね。

一部で金に裏づけされた仮想通貨の発行情報が

出ていますが、これはこれから仮想通貨のメインに生り
得る話でしょうね。

私は以前からゴールドを取り入れたバスケット通貨が

出て来ると予想していましたし

今度の『ジョン・ウィック 2 』では一作目以上に全面的に

裏社会で流通する世界では金貨のみと言う

メッセージを出しており、

プロモーション・グッズとしても

ゴールド・コインを作っているぐらいですから。

ゴールドが復活をするサインを強く出していますので。









マックィーン、テスラ、ゴールド、トランプ

そして アーノルド

ここまで役者と言いますか、お膳立てが整いつつあり

徐々に私が渡米する方向になって来ました

まぁ アーノルド 対 トランプ大統領の勝負は

私のモチベーション次第でしょう......

後は

平凡なタクシー生活の日々に

刺激を与えてくれるグッズが

ヤッズ氏から贈られて来るのか!? !否か?

つまりは ヤッズ氏次第だす~~(超爆)

『 ラ・ラ・ランド 』にもあった●●●からのメッセージ!!





本日 現地アメリカ・ロサンゼルスにてアカデミー賞授賞式が

行われますが、映画ファンであれば

タイタニックに並ぶ14部門にノミネートされた話題の

『 ラ・ラ・ランド 』は授賞式前に観ておかないと

授賞式での感動をリアルタイムで十分に味わえないので

さっそく26日にIMAXでのレイトショーで鑑賞して来ました。







勿論  ミュージカル映画ファンだけでなく

大傑作である『セッション』のデミアン・チャゼル監督の

新作でもあるので『セッション』に感動した映画ファンも

『 ラ・ラ・ランド 』は絶対に見逃せないものであります。





『 ラ・ラ・ランド 』は過去の名作ミージカルを

何作品もオマージュしながら進行しますが

決して圧倒的な歌唱力や踊りで観客を魅了していくのではなく






それは物語の脇役的で感じて

メインは主人公の二人が持つ夢に向かって

挫折や試練に打ち勝つ愛とロマンスが描かれているのですが

ここでかなり多くの人が、あのタイタニックに並ぶほどの

凄い作品に出来上がっているんだろうなとか

ジャズの狂気の世界に驚いた『セッション』の監督だから

あれを超える感動があるのだろうと期待のハードルが

MAX状態で、『 ラ・ラ・ランド 』を鑑賞したのだけど

それほどではなかったと感じた人が、既に多くいるようですね。

しかし 私 ミル★ヤタガラスは『 ラ・ラ・ランド 』を

私的 No.1映画である『 ニューシネマ・パラダイス 』完全版

に並ぶ最高傑作だったと感動しました。

まぁ それには理由があり

僕にしかわからないメッセージを

鑑賞中にキャッチ出来たからなのですが

ではご説明します。

オープニングは、


いきなり 渋滞する L.A のハイウェイでのシーン





ここで渋滞にハマっているエマ・ストーンと

ライアン・ゴズリングの二人が、それぞれ車に

乗っているシーンが映し出されるのですが

ライアンはオープンカーを運転しており






彼のハンドルを握る右腕に時計をしている事が

直ぐに私の目に飛び込んで来ました。


元祖 右腕時計の有名人と言えば





であり、全く気にしてない人には

何故 ライアンが右腕に時計をしているのか理解出来ません。

実は





ジェレミー・レナーがスティーブ・マックィーンの伝記映画の

主人公に最初に名前が挙がったのですが

2015年の3月に







チャニング・テイタムとライアン・ゴズリングの二人も

マックィーンの伝記映画に興味を示し

動き出したニュースが出て来たのです。


映画『大脱走』『荒野の七人』などに出演した故スティーヴ・マックィーンさんの伝記映画が始動していることが、Deadlineによって明らかになった。

 本作は、グラハム・ケイの製作会社レイク・フォレスト・エンターテインメントとブライアン・オシェイとジェフ・ボウラーの製作会社ジ・エクスチェンジが製作資金を出し合って手掛ける作品。2010年に出版された作家マーシャル・テリルの伝記本「スティーヴ・マックィーン:ザ・ライフ・アンド・レジェンド・オブ・ア・ハリウッド・アイコン(原題) / Steve McQueen:The Life And Legend Of A Hollywood Icon」を基に映画化される。


5114-B9i2iL__SX332_BO1,204,203,200_ ★この伝記本には私の発言と名前も記載されてます


同伝記本は、テリルが10年間かけてスティーヴさんをリサーチしたもので、スティーヴさんの出身地であるインディアナ州インディアナポリスの時代から、ハリウッドで活躍して大スターとなった後、1980年にメキシコのシウダー・フアレスで、心臓発作によって50歳で亡くなるまでを記している。


 今のところ正式には決まっていないが、これまでに『エヴァの告白』のジェームズ・グレイが監督候補に、同作に出演したジェレミー・レナーが主演候補に挙がっている。また、チャニング・テイタムとライアン・ゴズリングも本作に興味を示してきたとのこと。


 脚本家もこれから決定するようだ。果たしてどのような作品になるか楽しみだ

故スティーヴ・マックィーンさんの伝記映画が製作へ


そして、その一ヵ月後の2015年4月14日に

『 ラ・ラ・ランド 』の主役候補にライアンとエマ・ストーンの

二人の検討していると初めて報道され、同月30日に

正式に決定することになったのです。

つまり、ライアンは、この『 ラ・ラ・ランド 』の主役が決まる

直前までマックィーンを演じる事に関心を持っていた報道がなされていた訳です。

これには伏線があり、彼の2011年に主演した『ドライヴ』が

マックィーンの『ブリット』並みのクールなドライバー役だと

各方面で絶賛されたのです。

それ以来 ライアンはマックィーンを意識し

伝記映画への出演にも興味を示したのでしょうね。

利き腕である右腕時計にすればカメラ映りが良い事を

ライアンはマックィーンから学んでいたはずです







そうです。 俺は冒頭のハイウェイでのシーンから

またまた違う角度で、この『 ラ・ラ・ランド 』を観ていたのです。

実は昨夜 『 ラ・ラ・ランド 』を観る前にも

あの『 ドクター・ストレンジ 』にも新たな発見をしていました。

『ドクター・ストレンジ』を観に行った2週間後くらいに

ようやく 『 ローグ・ワン 』を観に行けたのですが

そこには


Mads Mikkelsen Accidentally Reveals Rogue One  A Star Wars Story Character


『 ドクター・ストレンジ 』にも


カエシリウスなる、

めちゃ気になるキャラ名で敵を演じていた








デンマーク出身の


マッツ・ミケルセンも重要な役を演じているのを発見


ディズニー傘下となったマーベル作品と

同じくディズニー傘下となったスター・ウォーズの作品に

ほぼ同時期に出演しているを不思議に思ったのですが

マッツ・ミケルセンの最初の世界的メジャー作品は





あの『カジノロワイヤル』でしたので

ダニエル・クレイグに託された007 ボンド役はスティーブ マックィーンだった


ニコラ・テスラのメッセージもあった


『ドクター・ストレンジ』でしたので


映画 ドクター・ストレンジの正体とは誰だ!? 



もしや と思って捜索してみたら


マッツ・ミケルセンまでも









マックィーン・チルドレンである証拠を発見しちまった!!



なんでもブルース・リーや『ブリット』のマックィーンが大好きらしい・・・


これで『ドクター・ストレンジ』にはテスラとマックィーンの

隠れメッセージがある事を発見



★マッツ・ミケルセンは、めちゃくちゃ気さくな親日家です


このパターンは同じディズニー作品の

『トゥモローランド』に出演した


ヒュー・ローリーの時と全く一緒ですね





そして話は再び『 ラ・ラ・ランド 』へ戻します

冒頭のシーンからライアンはマックィーンなのか!?

と気になって映画に集中していると

映画はもっとダイレクトにメッセージを発信してきたのです






女優を目指しているエマ・ストーン演じるサラへ

演技の参考になる為に、ジュームス・ディーン主演の

『理由なき反抗』を映画館に観に連れて行ってあげると

ライアン演じるセバスチャンが誘いますが

『理由なき反抗』を二人が映画を鑑賞中に

フィルムが焼き焦げて上映が途中で中止

その直前まで映画を観ていた二人は

夢を追う同士的な友達から恋人に

なりそうになって初めてのキスを交わそうとしましたが

上映中止となり館内の灯りがつけられてキスをするが出来ませんでした。

そして二人は『理由なき反抗』の舞台となっている

クリフィス天文台へ車でやって来ます。







私も95年の6月だったと思いますが行きましたが

夜だったので映画のように天文台の中へは入館せずに

ロサンゼルスの夜景だけを見て帰った記憶がありますが

映画では、ここで最も重要なシーンで登場します。

カメラは天文台の外を歩いている二人を少し映し








次のシーンに



な、 なんと




★ネオン管もテスラの発明品


バチバチとプラズマの光りを放すテスラ・コイルを

上から下へ映し出し、ネオンサインで

ハッキリと観客に

TESLA COIL 

と文字が分かるようにスクリーンに映し出します。

そしてプラズマの光りと音に驚いた二人は

天文台の中にあるプラネタリウムのスイッチを入れると





サラとセバスチャンの身体は宙に浮き出し









二人は宇宙の星の中でダンスを踊り出します。

この瞬間に


 愛=宇宙 


が生まれたのです。


スプラッター映画とかしか観ない人にはわからないでしょうが

テスラ・コイルを見せた意図は

テスラ・コイル=希望の光りや

一人では自分の夢が苦難や挫折で乗り越えられなかったのに

強く前進させる愛のパワーの象徴的なシンボル

または、人類を宙に浮かばせ

そして宇宙へ運ぶ偉大な発明品とかの意味はないでしょうか

アカデミー賞に絡むほどの作品は

ワンシーン、ワンシーンには何時間も、何日も考えつくされたものが

採用されるわけであり、役者の衣装も小道具も同じく

計算されつくしたものばかりです。

一般人から見た

この『 ラ・ラ・ランド 』をミュージカル&ロマンス映画として評価するなら

史上最高の14部門のノミネートは出来すぎかと思いますが

この夢を諦めかけていた二人の結びつきの合図が

テスラ・コイルのプラズマ放電であった事を理解出来る

アカデミックな審査員たちなら、14部門も納得出来ますね。

むしろ『理由なき反抗』を物語の中に入れたのは

グリフィス天文台の中に展示されているテスラ・コイルへ

繋げる為に取り上げたとしか思えない。

いや、絶対にそうだ!!

どう考えてもテスラコイルの登場は不自然すぎる。

やはり上からの指令か、それとも見えない力の仕業か・・

それとライアンが右腕時計をしているのも可笑しい。

J K シモンズのバーにて雇われのピアニストをしていた時に

1000万以上するスタインウェイのピアノを弾くにあたり

傷をつけないように腕時計を外さないのは可笑しい。

ジャズピアニスト扱いされず

ジングルベルとか弾かされているほど

駄目扱いされているのですからね。

そして同じくプラズマに包まれ未来の世界からタイムスリップし

グリフィス天文台へやって来たのが






ターミネーターであるのです。






まぁ 超話題作の『 ラ・ラ・ランド 』のレビュー記事の

どこを探しても私以外でライアン・コズリングの右腕時計と

テスラ・コイルの意味を書いている人なんていないでしょう。

この映画のタイトルである

『 LA LA LAND 』

世に出回っている多くは

ロサンゼルスのL.A の意味を含んだものですが

これは TESLA の LAも含んでいるんじゃないでしょうかね。

やはり今年はマックィーンとテスラのゼロ・ポイントの予感ですね。


★最低でも、これだけの作品と
シェルブールの雨傘をオマージュしてます

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR