FC2ブログ
プロフィール

ミル★ヤタガラス

Author:ミル★ヤタガラス
I am #1 Arnold Schwarzenegger Fan & #1 Steve McQueen Fan in The World
スティーブ・マックィーンとアーノルド・シュワルツネッガーの二人を究極に愛した私は1990年より世界を救う活動を開始。 愛と平和と英知の正しいトゥモローランドの作り方を教える情報ブログ



高倉 健さんが亡くなる一週間前に、何故かしら急に健さんのことが気になりネットで検索してみる

そこで目にした一枚の写真・・・・・ 

高倉 健さんが亡くなる1週間前に

私に届いた健さんからのメッセージ

2015年5月10日に東洋と西洋の孤高の男 二人が残していってくれた世界を救う岩戸開きへのメッセージを配信しました

本音で語るブロガー

ミル★ヤタガラスを宜しく

何故 私がその世界を救う奥の院のシナリオを知ることが出来たのかは2015年2月25日より連載しております、俺とシュワルツネッガーの30年『ターミネーター』物語 全23話を読んで下さい

間もなくニコラ・テスラのフリーエネルギー社会がやって来ます 全人類は、それに備えて準備をして下さい!!!

尚 煩悩くんフルスロットルのヤッズさん以外

ブログから記事中の文章等をそのまま無断転載するのは堅くお断りします。よろしくお願いします

カテゴリ

脱・陰謀論 ノスタルジーと ヒーロー物との付き合い方



★50年前の西新宿・副都心エリアの景色


★1961年の京都市


★1963年の日本の風景


★1963年の日本の産業風景


★60年代の東京


★1963年の東京


★1965年の東京


★1966年の東京


★1970年代の新宿


★1970年 日通記録映画 「花ひらく日本万国博」


★1970年代の日本




僅か56~40年前の日本の風景です

ジェリー藤尾の歌や新日本紀行のテーマ曲なんか聴きますと

直ぐに懐かしさがこみ上げ、ノスタルジーの世界へ引き込まれてします

人には誰でも過去の想い出があり、良い想い出に浸りたい願望へ

スイッチが入ると、その瞬間から人の心の弱さが大きくなるので注意が必要です

私はノスタルジーとの付き合い方を、前に進む為の充電場所と割り切っております

上に貼り付けた動画に映っていたサラリーマンや労働者の方々は

多くの方がリタイアメントをされたか、亡くなられたかと思います

今ある日本の発展は、先祖や彼らのお陰でありますし

こんなに便利な社会になっているにも関わらず、反ロス系陰謀論者は

ただ文句を言うだけで、可愛そうでなりませんが

次の40~50年の日本と世界各国を暮らしやすい未来社会の為に

自分が何を出来て、その後の子孫へバトンタッチ出来るのか?

考えてみられてはいかがでしょうか・・・・

超ハイテク社会になれば、当然 システムが破壊されないように

監視が強化をされるのは当然であります

更に便利な社会になるということは、その中枢部や、それに繋がる

ホストへのガードが強化されるのは必然であります


















懐かしさと同時に戦後 我々は子供の頃から

アメリカや日本の善悪二元論のヒーロー物に

たっぷり洗脳されてきたのが良くわかりますね

日本の特撮物もアニメも世界へ広がっていきましたが

そう言った意味では日本のマンガも世界の子供を

洗脳しちゃているんですね・・・・

もちろん、本当の善を知るには、悪を経験しないといけませんし

本当の愛を知るのにも、恨みや憎悪などの感情を経験しないとなりませんので

単純なヒーロー物も必要ですが、その後の和解や友情、合体、融合、愛の

展開は欲しいですよね(笑)

どなたか 悪を抱き参らせる系のマンガをご存知の方教えてくダサい







★ノスタルジーへの警告的 傑作映画


98年にタクシードライバーになって直ぐに

西麻布で布袋さんを乗せました

サインまでしていただきとても優し方でした

布袋さんの歌の中でも特に好きな歌がこれです

生きているということは、自分の魂が本当に喜ぶことをすることと思います



激熱男 松岡修造さんも連想させる歌ですね





結局 若い奴は正義感が強かったりしてフリーメイソンや偽ユダヤ人を知ると

善悪二元論に嵌りやすいし、中年から上の高齢になればなるほど

昔の世界の方が良かったと思い、新世界秩序に反発するという

パターンなんですよね

後は相手を負かし競うスポーツをやっている人間も、このパターンになりますね

このノスタルジーとかヒーロー物への付き合い方がわかっていないので

陰謀論者、反ロス系が減らないんですよ

全く困ったもんですな


玉蔵も偽者で、イエスも宇宙人も助けには来ません 

我々の手で良い方向へ変えていかなければならないのです
スポンサーサイト

COMMENT

また、お邪魔いたします

小川です。またお邪魔いたします。
まさに「ノスタルジー」でした。
ヤタガラスさんのブログを読むにつれノスタルジックな気分になり(ヤタガラスの作戦にはまったのかな?笑)、充電?しておりました。
人の記憶というのは本当にストレージされてるんですね。ブログを読んで記憶が引き出され、なぜか「木枯らし紋次郎」を見たくなり、ネットで1話見てしまいました。
お決まりの勧善懲悪ではなく、暗く切ないドラマですよね。上條恒彦のオープニングは胸にしみ、中村敦夫演じる紋次郎は決して善のヒーローではない。子供の頃、母親と二人で全話見た記憶も蘇りました。
また、脳のストレージから京都の学生時代の出来事が次々と引き出された次第です。
京都ではずっと本の配達のバイトをしてました。銀閣寺の近く(北白川)にあり、近くの1等地の梅原猛宅やら朝鮮学校やら配達してました。
田舎から出てきたので、恥ずかしながら社会模様というのに無知識で、
京都という私から見たカオスは、不思議であり刺激的でした。そのお店で、高田浩吉さんや池上季実子さんに遭遇したことがあります。確かジュリーの実家が近かったような。
高偏差値の某国立大の男子学生は「リボン」をよく買いに来てました。
本は2割引で購入できたので、活字中毒になるくらい本を読みました。
三国志にはまり込み、卒業前に借金して中国に行ったのはいいけれど、いつの間にかチベットに踏み入れチベット仏教を目の当たりにし、「五体投地」に驚愕したものです。
その影響で、社会人になっても休みを取り(当時バブルの頃で休みがとりやすかった)シルクロードへ行ったりしてました。
シルクロードといっても、中国内のいわゆる新疆ウイグル自治区です。私が滞在していた少し前に、漢民族とウイグル・キルギス・タジク族との間で殺し合いが行われてました。
長く滞在してないので、評論家みたいなことは言えませんが、宗教・慣習・文化・食生活が全く違う人達を力で統治するのは無理だよなぁと感じました。
また宿の漢民族(孫さんといってウイグル族に優しかったです)とぶどう酒を飲んでお互いに酔っ払い天安門事件のこと(丁度事件から1周年)を話し、本当かどうかわからないけど興味をそそる事実を教えてくれました。機会があったらお話しします。但し、ことの真偽は不明です。
長々となりました。
今はヤタガラスさんのブログが毎日楽しみになっています。勝手ですが。
ではまた。

No title

小川さん どうもです

これは偶然(このブログでは偶然はありませんので)でない繋がりですね

私は20代の時に年末の宅配のアルバイトを2年連続でやっていたのですが、最初の年が右京区の太秦撮影所を含むエリアで、仁侠映画やヤ●ザ映画を撮るので某組から撮影所の部屋にいくつもお歳暮を届けたりしてました。

その方面からの品物に関しては上の方からは、絶対に慎重に扱って責任者に手渡しだぞって忠告を受けてましたね。そして翌年が左京区の平安神宮一帯の一等地エリアで、私も梅原猛さんの家にも配達に行きましたよ。あの山の上にある家に上がっていく階段が、普通ではない雰囲気ですよね。上から巫女さんのような方が出てきて品物を受け取りに来てましたね。

任天堂の山内博、月桂冠の大倉さん宅、佐川急便の佐川清さん宅、次男の正明さん宅、南禅寺裏には細川護熙さんの別邸など、担当しておりました。

セキュリティーの高さは佐川清さんの家がダントツでしたね。山内博さんの家は武家屋敷と言いますか、塀の高い家で、塀の上にはカメラと無数の鋭い刃が設置されており、外部からの進入者を防いでありました。

その井筒八ツ橋本舗がある聖護院エリアの近くに池上季実子の昔の実家がありまして、去年出された「向き合う力」を直ぐに買って読みましたね。結構 京都時代の彼女の想い出が書かれておりましたよ。

季実子さんが一時期テレビから消えていたのは、海外ロケで大怪我をされた後遺症のせいなんです。しかし 責任者が逃げていなくなり、賠償問題が解決出来なかったそうで、、男女7人や、ラジオびんびん物語で超売れっ子時代直後だったので、可愛そうです。

ご本人も、また京都に住みたいと言っておられますね。彼女は作品名を伏せているのですが、英語が達者で、ハリウッド映画から出演オファーが来ていた役があったのですが、それを離婚して娘と一緒に暮らしていた時で、娘の進学の為に、断ったそうです。これがおそらく高倉 健さんの『 ミスターベースボール 』のようです。 あの映画での健さんの娘役で、主役の外人のガールフレンド役です

このブログとも関係するエピソードが彼女にあったのですよ

独身だった時の武豊くんが銀閣寺前のマンションに住んでおりましたが、今はあの平安神宮近辺の一等地へ引越しされたみたいですよ。ちょっと明日から15日は忙しくてアップ出来ないかと思いますが、またよろしくです

Re: No title

記事アップで途中になりましたが、中国からシルクロードでチベットまで行かれて、色々な経験をされたのですね
本やテレビ、ネットでは絶対にわからない実体験こそが、本物の知識を得られるのです
その時々に感じたことは、魂に響くからこそ、何かの時にアカシックレコードにアクセスして、ヒラメキが自分に降りて来たり、シンクロ現象が起こるのだと思っています。
その場所に行きたい自分を動かしているが何かが、目に見えない世界の力だったり、死後の世界に住む人達のサポートだったりするんです。

人間の本質は、そう簡単には変えられませんので
ですから多分、小川さんは今もアセンション出来るものを探されているのでしょうね

EDIT COMMENT

非公開コメント

ミル★ヤタガラス
ミル★ヤタガラス
I am #1 Arnold Schwarzenegger Fan & #1 Steve McQueen Fan in The World
スティーブ・マックィーンとアーノルド・シュワルツネッガーの二人を究極に愛した私は1990年より世界を救う活動を開始。 愛と平和と英知の正しいトゥモローランドの作り方を教える情報ブログ



高倉 健さんが亡くなる一週間前に、何故かしら急に健さんのことが気になりネットで検索してみる

そこで目にした一枚の写真・・・・・ 

高倉 健さんが亡くなる1週間前に

私に届いた健さんからのメッセージ

2015年5月10日に東洋と西洋の孤高の男 二人が残していってくれた世界を救う岩戸開きへのメッセージを配信しました

本音で語るブロガー

ミル★ヤタガラスを宜しく

何故 私がその世界を救う奥の院のシナリオを知ることが出来たのかは2015年2月25日より連載しております、俺とシュワルツネッガーの30年『ターミネーター』物語 全23話を読んで下さい

間もなくニコラ・テスラのフリーエネルギー社会がやって来ます 全人類は、それに備えて準備をして下さい!!!

尚 煩悩くんフルスロットルのヤッズさん以外

ブログから記事中の文章等をそのまま無断転載するのは堅くお断りします。よろしくお願いします
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR